ブログ埼玉北部

熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町

「共謀罪法廃止!、あべ政権は退陣」日本共産党妻沼支部がスタンディング


日本共産党妻沼支部は8月29日、暑い日差しの中、「共謀罪廃止、あべ政権は退陣」のスタンディング。街頭から市民に訴えました。準備中。(写真、Tさん

追記、Tさん]宣伝中、女性から1,000円の募金の申し出。曰く「生活が苦しい中、行政から援助を受けられず父親を亡くした、安倍政権のせいだ。あなた方に募金するのが有効な使い方だ」と、名も告げずに立ち去りました。通行する車からは、若い女性が親指を立てて応援ポーズが。長い間の宣伝行動にも変化が生まれています。

ここをクリックすると記事の投稿者が表示されます。

シーマ(地区ホームページ通信員)


大野英子さんの講演 「共謀罪」はものが言えなくなる「治安維持法」に似ている

4月22日、埼玉土建熊谷支部の主婦の会総会にお邪魔しました。そこで大野英子さんのお話を聞くことができました。大野さんにはお会いしたことはありませんでしたが、私が障がい者施設で働いていた時、「みんなの願い」という雑誌に「明日天気になーれ」という題で障害児学級の子どもたちのことを連載で書いておられました。毎月楽しみにしていたことを思いだします。

司会が「95歳の大野さんです」と紹介すると「まだ95歳ですよ」と言われ、どよめきが起きました。そんな大野さんは大正天皇と昭和天皇を比較して話されました。

大正天皇は平和天皇だった。大正デモクラシーはたった15年で終わったけれど女性の仕事も増えていった。昭和になり、治安維持法ができ、3人集まれば結社の自由に反し、目つきが悪いというだけで殺されたり、流行歌もダメで軍歌を歌えといわれた。戦争反対を掲げた共産党の取り締まりが始まったが、生活つづり方の教育を行っている教師も、見せしめで子どもたちの前で捕まった。大地震があったときボランティアに行った人たちも捕まった。「そんな暇があったら天皇陛下のために働け」と言われた。教員だった時、先生同士で子どもたちへの教え方を話し合っていたら「共謀している」と校長から言われ、星に関する授業があったので夜星を見ていたら、「交信している」と言われた。


「大野英子さんの講演 「共謀罪」はものが言えなくなる「治安維持法」に似ている」の続きを読む

アリウム・ロゼウム

JCP埼玉北部

ホームページ委員会

ブログ埼玉北部はホームページ委員会がサポートする情報交流サイトです。県北4市(熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市)と8町(横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町)から発信します。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド