ブログ埼玉北部

熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町

アベ9条改憲NO! キックオフ集会

医療生協さいたま秩父地区、原発とめよう秩父人、皆野九条の会共催で憲法を生かす全国統一署名 キックオフ集会が開かれました。

今夜は華麗な夜。みんなでカレーを食べながら、ダニーさんと一緒に考えよう!「武器を持てば平和になるの?」手作りの美味しいカレーを頂きました。

ダニーさんの講演、久しぶりに聞きました。「お国のために死ぬのはすばらしい」ダニーさんの国、イスラエル。小さい時からそう教育されてきた。なぜ憲法9条を変えるの?自衛隊を書きこむだけ?北朝鮮の脅威に対してどうしたらいいの?熱心に語ってくれました。戦争はダメ!どんな理由があろうと。対話と話し合い。これしかない。アベ9条改憲NO!みんなで3000万署名を成功させよう!

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

「常山知子日本共産党皆野町議ブログ」12月15日付より)


映画「ハトは泣いている」を見て

「九条俳句」国賠訴訟を市民の手で!実行委員会主催、熊谷空襲を忘れない市民の会協賛の「ハトは泣いている」の映画を見てきた。

東京都の美術館の彫刻作家展で、立体作品に添えられた現政権に批判的な言葉があったことから右翼からの攻撃を受け、美術館側が撤去を要求した事件。さいたま市三橋公民館が、「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句を(毎月会員みんなでを1つの句を選び、公民館だよりに掲載していたが)、「公民館の意見と誤解される」という理由で掲載しなかった事件。この2つに視点を当てたドキュメンタリー映画である。

「公平中立」って何だろうか。時の政権、代表に逆らうことは「中立ではない」と言っているようだ。右だから左だからと言わず表現の自由が保障されるものではないだろうか。


「映画「ハトは泣いている」を見て」の続きを読む

皆野九条の会・・・・・・学習会を開催

小田川氏

4月23日(日)、早稲田大学教授(元朝日新聞ソウル支局長)小田川興氏を招いて日韓関係と日本の憲法という題目で学習会を行いました。

皆野九条の会は「アベ政治を許さない」のスタンディングを続ける中で生まれました。全国の九条の会とともに地域から、憲法九条を守れの声を発信していこうというものです。


「皆野九条の会・・・・・・学習会を開催」の続きを読む

武力で平和は作れない!

午前中は、住んでいる地域でみんなで守っている「観音様」の掃除をしました。終わった後はみんなで「お念仏」を唱えました。

夕方は「アベ政治を許さない」のスタンディング。
すごい横断幕ができました。「武力で平和は作れない」皆野九条の会

次の日曜日、4月23日 皆野九条の会主催で学習会を行います。


「武力で平和は作れない!」の続きを読む

市民の力・・「全国9条の会事務局長 小森陽一氏」の話を聞く

昨日、1月17日、行田市商工センターで「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区」の結成総会が行われた。記念講演として、全国9条の会事務局長 小森陽一氏が「市民と野党の共闘で安保法制を廃止しよう」という内容で。

2015年9月19日私も国会前にいたが、「野党は共闘!」のコールに今までにない興奮を感じたことを思い出す。市民の中から自発的に出たその言葉に、野党の党首は手をつながざるを得なかった。しかし直ぐには政党は動かず、市民連合が各政党に申し入れる中で、2016年2月9日に5野党合意ができた。…そうだ、そうだと聞きながら、熊谷でも同じだと思った。私たち日本共産党が社民党や民進党と一緒に安保法制反対宣伝を行いたいと声をかけても、実現しなかった。熊谷空襲を考える市民の会などが「一緒に宣伝しませんか!」と声をかけたら、社民党も民進党の一人の議員が参加してくれた。もちろん私たちも参加。


「市民の力・・「全国9条の会事務局長 小森陽一氏」の話を聞く」の続きを読む

アリウム・ロゼウム

JCP埼玉北部

ホームページ委員会

ブログ埼玉北部はホームページ委員会がサポートする情報交流サイトです。県北4市(熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市)と8町(横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町)から発信します。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド