ブログ埼玉北部

熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町

原水爆禁止2017年世界大会・長崎 参加報告

 8月7日から9日にかけて、原水爆禁止2017年世界大会・長崎に寄居原水協の代表として参加してきました。

 私は、原水禁大会には2010年(広島)以来、何度か参加したことがありましたが、今回の大会は、国連での核兵器禁止条約の採択(7月7日)を受けての大会ということで、非常に活気に満ちているように感じました。


運動を諦めずに続けることの重要性


 初日の開会総会では、核兵器禁止条約の採択を受け、運動を諦めずに続けることの重要性が共通して指摘されていました。

 主催者報告で安斎育郎さんは「一人ひとりは微力でも無力ではない。そのなによりもの証明は核兵器禁止条約である」と発言し、日本被団協の木戸さんは発言の冒頭で「やっとここまできた。歴史をつくるのは市民である」と述べ、これまでの運動を振り返りました。沖縄県統一連の瀬長さんは「沖縄県民にとっても希望です。諦めずに行動を続ければ願いはかなうことを証明した」と指摘し、アメリカの「ピース・アクション」のジム・アンダーソンさんは「粘り強く核兵器廃絶を世界に訴え続けた被爆者に感謝したい」と発言しました。


「原水爆禁止2017年世界大会・長崎 参加報告」の続きを読む

憲法9条を守ろう!!・・・・・72回目の終戦記念日

雨のため宣伝カーの後ろをあげて傘がわり。

今日は一日雨降り。時々激しく降りつける雨。72回目の終戦記念日です。午後から宣伝カーに乗り、訴えました。

「今、日本の政治は、戦争か平和かの歴史的な岐路に立っています。世界に誇る宝—憲法9条を守り憲法を生かした平和な日本を築くためみなさんと力を合わせましょう。」

「7月に国連で122か国の賛成で核兵器禁止条約が採択されました。しかし、日本政府は唯一の戦争被爆国でありながら、交渉に参加せず「署名することはない」と世界の流れに逆らう許しがたい態度をとっています。核兵器禁止条約に署名する政府をつくるためにも、野党と市民の共闘を発展させることを呼びかけます。」等と訴えました。

今日は長瀞の船玉祭。あいにくの雨です。花火が聞こえてきました。

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

「常山知子日本共産党皆野町議ブログ」8月15日付より)


終戦72周年の日、党支部と佐久間市議が宣伝行動


雨降りで迎えた終戦72年目の日。党支部の人たちと佐久間市議が宣伝行動をしました。戦争の惨禍を二度と繰り返さぬよう、政府は軍事的圧力でなく外交努力を。市民と野党の協力で、核兵器禁止条約を締結し世界とともに歩む政府の実現を。街頭から市民に訴えました。(写真は深谷駅前での様子)[文と写真はAさん]


「終戦72周年の日、党支部と佐久間市議が宣伝行動」の続きを読む

デジタル写真特集

ナガサキ、フィルムの記憶
朝日新聞デジタル写真特集「ナガサキ、フィルムの記憶」

1945年8月9日、一瞬にしてナガサキの街や人々を焼き尽くした原爆。投下直後、朝日新聞社のカメラマンが撮影した貴重なフィルムや、米軍の記録写真で被爆の実相に迫ります。
公開:2017.8.8(全65枚)

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

小森純一郎(地区ホームページ委員会)


アリウム・ロゼウム

JCP埼玉北部

ホームページ委員会

県北4市(熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市)と8町(横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町)で活動しています。ブログ埼玉北部はホームページ委員会がサポートしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド