ブログ埼玉北部

熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町

悲しい同級生の死

今朝はこの秋一番の冷え込みになりました。大イチョウもどんどん散り始めています。朝の畑はまるで雪でも降ったように真っ白。

偶然、郵便局で会った同級生から呼び止められ、K君が今朝亡くなったと・・・・・。

5日の同窓会に出席していて、会ったばかりでした。具合が悪くなって入院して10日。あの世へと旅立った。同級生何人かでお別れに行くと聞いたので、私も一緒に行きました。

丁度、旅支度をしている所でした。その様子を見ながら奥さんの話を聞きました。

つるし柿の吊るすところを作って、自分で柿をむいて(全部はむけなかった)そして入院してしまった。こんなことになるなんて・・・・・せめてあと10年生きてほしかった・・・・人生の幕をおろすには少し早かったです・・・・

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

「常山知子日本共産党皆野町議ブログ」11月20日付より)


町にどう活かせるか?・・・・議員視察研修・移住、定住の取り組み

11月16日~17日、長野県立科町、宮田村に視察研修に行って来ました。

一日目は立科町。この建物は畑(30坪ぐらい)付きで一年間30万円で最高5年まで借りることができます。見学したとき、ちょうどそこで生活している人に会いました。蓮田市から来ている人でした。アルバイトをしながら、田舎暮らしを楽しんでいるようでした。

二日目は駒ケ根市のすぐ隣にある宮田村。宮田村からは雪を頂いた中央アルプスがよく見えました。視察研修したことを私たちの町にどう活かすか?一般質問で取り上げていければと思います。

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

「常山知子日本共産党皆野町議ブログ」11月19日付より)


日野沢・・・・秩父華厳の滝ライトアップ

滝へと進む橋

昨日から明日まで、華厳の滝がライトアップされます。夕方5時から

夫と夕方5時、スタンディングが終わって後その足で行ってみました。
日野沢の婦人会の人たちがトン汁を来た人たちにご馳走していました。私も頂きました。美味しかったです。


ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。


「常山知子日本共産党皆野町議ブログ」11月18日付より)


国民健康保険の埼玉県化で税はどうなるか

今日は午前中、日本共産党県議団主催の国保学習会が、午後は、熊谷市国保運営協議会が行われた。

来年4月から熊谷市など市町村で運営する国保が県単位で運営されることになる。国が決めたことであるが、狙いは、市町村独自で国保会計に入れている一般財源をやめさせることにある。しかし、国保の加入者は低所得者が多く、滞納者も多い。定年になった人たちや病気で働けなくなった人たちも入る医療保険だからだ。国は、社会保障と位置付けているのに、自分の身は自分で守れという政治を進めている。矛盾している

急に保険税が変更、上がったら困るだろうと熊谷市は1年先延ばしで保険税の変更をするという。伸ばすのはいいが、社会保障という事を忘れてはならない。一般財源を今までと同じように出すよう働きかけていきたい。

平成29年3月末 国保加入世帯数 30,619世帯 
①総所得がない世帯 8995世帯 29.38%
②総所得がない世帯を除く200万円以下の世帯 15,169世帯 49.54%
①+②総所得がないから200万円以下 24164世帯 78.9%


未来熊谷ジュニア議会には要望がいっぱい

11月14日、埼玉県民の日に、毎年、「未来熊谷ジュニア議会」が開かれる。今回は12回目。議員は各中学校代表2名ずつ32名の生徒で、自己紹介で頑張っていることを発言し、質問にはいった。答弁派市長や部長。市民から寄せられる要望が、この議会でも取り上げられることが多いしヒントも多い。私たちの活動の参考にもしたい。何件か紹介したい。

質問 毎日の通学路は外灯がない。冬は下校時間が早まるが暗い。外灯をつけてほしい。人通りが少ないところには人感センター付きの防犯灯でもいいのでは。

答弁 「自分たちの地域は自分たちで守る」ために自治会が防犯灯を設置し、市は補助を出している。周りに住宅がない場合は市が設置する。人感センターは危険で、いつも明るい方がよい。

質問 中条地区はどこに行くにも不便で、高校を選ぶにも交通の便を考える。ラグビーも開催となるので、バス停を増やし、バスの利便性を向上してほしい。

答弁 市内では10年間に2路線が廃止となった。ゆうゆうバスも走っているので、ぜひ乗ってほしい。ラグビー開催時は、200台のバスを借りて対応することを検討している。

質問 災害が多くなったが、災害時に電気が止まることがある。避難所に発電機や蓄電池を設置すべきではないか。

答弁 熊谷では台風、地震、竜巻の被害が出ている。ライフラインを確保することは大切で、地域防災計画も立てているが、行政センターにも設置していきたい。現在は、本庁舎では3日分の電気が賄える。熊谷消防署、大里行政センター、30の小学校には発電機がある。

ここをクリックすると記事の転載元が表示されます。

「桜井くるみ日本共産党熊谷市議ブログ」11月15日付より)


アリウム・ロゼウム

JCP埼玉北部

ホームページ委員会

県北4市(熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市)と8町(横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町)で活動しています。ブログ埼玉北部はホームページ委員会がサポートしています。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグクラウド